おせち料理のうんちくについて知ってる?

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

おせち料理のうんちくについて知ってる?

おせち料理

おせち料理のうんちくについて知ってる?という事で調べてみました!

 

おせち料理の「おせち」とは「節供(せっく)料理」を略したものです。

 

節供とは、お正月や五節句などに神様へお供えをする日のことで、そのときに食べる料理のことを「節供料理」といいました。

 

この「節供料理」を「御節句(おせちく)」と言い、次第に「御節(おせち)」と言うようになりました。

 

本来、節供料理はお正月の料理だけではなかったのですが、1年で一番大切な節目ということもあり、次第にお正月料理をさすようになりました。

 

おせち料理には、神様にお供えしたものを食べることで、神様への感謝と幸せを祈る大切な役割があります。

 

従来のおせちは、季節の野菜や昆布など、収穫したものの報告と感謝を込めて神様にお供えをしていました。

 

現在の重箱に詰めるようになったのは江戸時代に入ってからになります。

 

この重箱も「めでたさを重ねる」という意味があります。おせちには人々の祈りと感謝が込められた日本のこころと文化が受け継がれています。

おせち料理の五段重の意味って知ってる?

おせち料理

おせち料理の五段重の意味って知ってる?お正月に家族で囲んで食べる、おせち料理。

 

おせち料理といえば、重箱に入った料理の数々をイメージする方が多いのではないでしょうか?

日本の伝統的なおせち料理は、五段重が正式なスタイルだそうですが、その意味をご存知ですか?

まず箱を重ねることに関してですが、これは「幸せが折り重なる」という意味が込められているそうです。

そして、料理を詰めればいい、というわけではなく、一段目から五段目まで中身もしっかり決まっているんです。

まず一段目は数の子などの縁起を担いだ祝い肴が入ります。

そして、二段目は魚や海老の焼き物が入り、三段目は酢の物を詰めていきます。

四段目は保存のきく煮物、そしていよいよ最後の五段目は…?

なんと、空っぽなんです!

これは四段では数字の演技が悪いことと「神様からいただいた幸せを詰める」という意味が込められてるんだそうです。

今年のおせちはそんな豆知識を披露しながら食べてみてもいいかもしれませんね♪

おせち料理に入っている伊達巻のいわれは?

伊達巻

おせち料理に入っている伊達巻のいわれは?調べてみました!

おせち料理の中でもひと際目立つ食べ物、といえば伊達巻です。

丸みを帯びた形や、少し橙色がかった側面の黄色と表面の茶色、切った側面の渦のような見た目、どれをとっても非常に目立ちますので、ついつい重箱のそれに目を奪われてしまいます。

伊達巻の「伊達」は、華やかさや派手さを表す言葉です。

その黄色くツヤのある表面から「派手な巻き卵」という意味の伊達巻には、実はふたつの「いわれ」があるのです。

ひとつは、見た目が書物に似ていることからくる「学問や文化が身につくように」という願いを込めたというものです。

もうひとつは、こちらもその見た目から想起されたものですが、見た目が反物に似ていることから、「着るもの(衣装)にこまらないように」という願いを込めている、というものです。

子孫繁栄を願うおせち料理が多くある中で、その見た目同様に、込められた願いもある意味では異彩を放っている、それが伊達巻というおせち料理なのです。

おせち料理の好きなものランキングは?

おせち料理

朝晩の気温がだいぶ低くなってきて、今年も残り少なくなっています。

スーパーやデパート、コンビニではクリスマスケーキとともにおせち料理の予約受付を見かけるようになってきました。

今年はどんなおせち料理を予約しようかと悩んでいる人もいらっしゃると思います。

2020年にLINEリサーチが行ったおせち料理の好きなものランキングは・・・

1位:栗きんとん 2位:海老/伊勢海老 3位:数の子 3位:黒豆 5位:伊達巻 という結果だったそうです。

ちょっとびっくりじゃないですか?

1位と2位は分かりますが3位に数の子が入るのが意外でした。

私は数の子が苦手で、家族も数の子が苦手なんです。

縁起物だからと用意するのですが、いつも最後まで残ってしまいます。

アレンジもしにくい食材だと思います。

おせち料理は無病息災を願って食べるものですが、ちょっと値が張りますのでせっかくなら好きなものだけを集めたおせちがあったら楽しそうですよね!

おせち料理の具材の種類の意味って知ってる?
おせち料理の具材の種類の意味について書いてます

コメント