サウーナの評判ってどうなの?実際に調べてみた!

本ページはプロモーションが含まれています
本ページはプロモーションが含まれています

サウーナの評判ってどうなの?実際に調べてみた!

考える女性達

サウーナの評判ってどうなの?実際に調べてみた!という事でイベント会場で体験しスタッフの方に話を聞いてみました。

「29万円から実現する本格自宅サウナ」サウナ専門店【サウーナ】

近年、サウナ人気に伴い自宅でサウナを楽しみたい方や職場にサウナを導入したい方などサウナを身近に設置する方が増えています。

ととのう

「ととのう」なんて言葉もサウナで有名になりドラマにもなりましたね!

サウナの伝道漫画「サ道」ドラマ化! 原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗が出演 : 映画ニュース - 映画.com
漫画家・タナカカツキ氏が手掛けた“サウナの伝道漫画”をドラマ化する「サ道」が、テレビ東京の「ドラマ25」枠で7月から放送されることがわかった。原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗、宅麻伸という芸能界きってのサウナ―(サウナ好き)が出演し、サウナ界の

そんな中でサウナを手軽に取り入れられると人気のサウーナ。

非常にリーズナブルで豊富なオプションが人気となっていますが・・・

話題沸騰中のサウーナの評判ってどうなの?という事で調べてみました!

 

自宅におけるタイプのサウナで大きさにより値段も異なりますが安いものだと30万を切る価格。

はたしてその実態は?

自宅の庭や室内におけるスペースがありサウナにしょっちゅう通う方にとってはオススメできるものでもありますね!

youtuberとしてはラファエルさんが動画をあげておられます

 

サウナっていうと銭湯にあるものを思い浮かべがちですが幾つか種類があります。

 

一般的な銭湯のサウナは主に「乾式サウナ(ドライサウナ)」が多いです。

 

これは高温低湿の「カラカラタイプ」のサウナで温度は約80℃〜100℃に設定されており湿度は10%程度です。

 

しかし、スーパー銭湯や大きなスパ施設には、ミストサウナやフィンランド式サウナなど、さまざまな種類のサウナが設置されていることもあります

 

その中でもサウーナはバレルサウナになります

気になった方は下のリンクから問い合わせも可能ですよ!

サウナ専門店【サウーナ】

それでは少しサウナについてみていきますね!

サウナの種類って?違いはあるの?

サウナをする男性のイラスト

サウナの種類って?違いはあるの?サウナの種類は様々でそれぞれ異なる特性と効果があります。

以下にいくつかの主要なサウナの種類を紹介しますね!

乾式サウナ(ドライサウナ)

サウナの様子

これは一般的な「カラカラタイプ」のサウナで温度は約80℃〜100℃に設定されており湿度は10%程度です。

湿度が低いため発汗するまでには少し時間がかかることもありますが、思いっきり熱されて汗がかけるという爽快感が人気のサウナです。

湿式サウナ(スチームサウナ・ミストサウナ)

 

スチームサウナやミストサウナといった湿式サウナの温度は40℃〜60℃と低めに設定されていて湿度は約100%と高いのが特徴です。

スチームサウナはその名の通りスチーム(蒸気)をサウナ室に噴霧して温度と湿度を上げるサウナです。

これに対してミストサウナは温水をミスト(霧)にしてサウナ室内に噴射することで温度と湿度を上げます。

フィンランド式サウナ

サウナの様子
フィンランド式サウナは温度が約80℃で湿度は15℃〜20℃と乾式サウナと湿式サウナの間くらいに位置するサウナです。

フィンランド式サウナの特徴は熱したサウナストーンに水やアロマ水などをかけて蒸気を浴びる「ロウリュ」という入浴法です。

以上の他にも塩サウナ、アイスサウナ(コールドサウナ)、スモークサウナ、ケロサウナなど、さまざまな種類のサウナが存在します。

それぞれのサウナは異なる体験と効果を提供するため、自分の好みや目的に合わせて選ぶことができます。

ぜひ色々なサウナを経験して、自分好みのサウナを見つけてみてくださいね!

バレルサウナの特徴は?

 

バレルサウナの特徴は以下の通りです:

– 円形による樽型のサウナ小屋で、これは通常の樽よりも強度のある設計で形状変形しにくいのが特徴です。

– その形状により熱を均一に保つことに優れロウリュ時の熱が効率的に室内に循環することから、より快適にサウナを楽しむことができます。

– バレルサウナは、木のぬくもりを存分に感じられるというメリットもあります。

一般的なドライサウナも腰掛部分は木材を使用して作られていることが多いですが、バレルサウナは一味違います。

それは、腰掛部分はもちろんのこと、壁や天井に至るまで、その全てに木材を使用しているということです。

バレルサウナは、サウナ発祥地であるフィンランドに古くから伝わるサウナで、4人前後と少人数で楽しめるサウナです。

また、BURROW(バロウ)は、国産ヒノキの香りと耐久性を兼ね備えた総檜造りのバレルサウナを4サイズで提供し、自然を感じるバレルサウナをマイサウナに楽しめる製品ラインナップを展開しています。

バレルサウナは、その洗練された円柱のデザインも魅力的です。

丸型で無駄のない柔らかな形は、どんな景観ともマッチします。

バレルサウナの価格帯としては、200〜300万円あたりが一般的です。

ただし、購入を検討するのであれば、設置費用やランニングコストについてもきちんと押さえておいたほうが安心です。

バレルサウナは比較的シンプルな構造のため、個人で組み立てから設置まで行うことができます。

その場合は、追加料金が発生するのが一般的でしょう。2〜4人用であれば40万円前後、6人以上のものだと50万円程度の工賃がかかる場合もあります。

予算と相談しながら、DIYにするか、業者に設置依頼をするかを検討してみてください。

 

以上の情報からバレルサウナはその独特な形状と木材の温かみ、そしてプライベートな空間でリラックスできるという特性から、多くのサウナ愛好家に愛されていることがわかります。

 

自分だけのサウナを手に入れることで、自宅で最高の癒しの時間を過ごすことができますよ!

気になった方は下のリンクから問い合わせも可能ですよ!

サウナ専門店【サウーナ】

サウナと岩盤浴の違いは?

岩盤浴着

サウナと岩盤浴の違いは主に以下の通りです。岩盤浴だと上の写真の様な岩盤浴着を着るのが一般的で女性が利用できるところは多いですが男性が利用できるところは少なめですね!

  1. 汗の質と量
  2. リフレッシュ効果・リラックス効果
  3. 美容・美肌効果
  4. 疲労度

あてはまるのは4点でしょうか・・・

1.汗の質と量

– サウナでは、体の外側から急激に温めるので汗が吹き出るように出てきます。その汗は、「汗腺」から出ておりベタついていることが特徴的です。

– 岩盤浴はゆっくりと体を温めるので、一般的にサウナほどの多量な汗はかきません。そして、その汗は「皮脂腺」から出ておりサラサラとしているのが特徴的です。

2.リフレッシュ効果・リラックス効果

– サウナは一般的に、サウナ→水風呂→外気浴の1サイクルで利用されることが多く、そのリフレッシュ効果は絶大です。

– 岩盤浴では、寝転びながら長い時間をかけてじっくりと汗をかきますので、リフレッシュ効果というより、高いリラックス効果が期待できます。

3. 美容・美肌効果

– サウナでは皮膚の温度が岩盤浴よりも高くなり、しっかり毛穴が開いて毛穴の中の雑菌や汚れを排出することができます。

– 岩盤浴では、汗の質の違いでも解説した通り「皮脂腺」から汗を流すことができるので、身体中にある余分な毒素・老廃物を多く排出することが期待できます。

4. 疲労度

– サウナは、高温の部屋で大量の汗を流します。また心臓への負担もやや大きいため、多くのエネルギーを消費します。結果的にサウナのほうが疲れやすいです。

– 岩盤浴では、「じっくりと体を温められる」「寝転びながら入浴できる」という特徴から、疲労感はサウナと比較して少ないです。

以上の違いから、どちらを選ぶかはその時の目的や好みによると言えます。

サウーナの口コミってどうなの?

耳に手を当てる女性

サウーナの口コミってどうなの?評判に口コミって気になりますよね?

そこで実際に調べてみたところ、まだ口コミは少ないようです

サウーナの良い口コミってどうなの?

笑顔でまるする女性

サウーナの良い口コミってどうなの?

ホテル集客の為に導入しました。オーシャンビューの客室にテラスをつけサウナを設置したところ 予約が3ヶ月以上埋まる状況に。

導入費用もすぐ回収でき2台目もすぐに導入。こちらもしっかり稼働して予想以上の結果になり本当に満足しています。

公式サイトより引用

サウナが好きで以前より自宅にサウナを導入することを検討していましたが、屋内に設置するには改修工事費も高く諦めていました。

サウーナに相談して自宅の庭にコンパクトなサウナを作れることが分かり購入。100度以上しっかりあがり施設と変わらないサウナを誰の目も気にせず楽しめます。憧れていた自宅サウナ生活を満喫しています

公式サイトより引用

別荘に広いスペースが余っていたので購入を検討。サウーナに相談して2100×3600のゆったりしたサウナを購入しました。薪がいくらでも調達できる環境の為、薪ストーブを設置し、景色が楽しめるように窓もつけました。

週末には家族や仲間内を呼んでみんなでサウナを楽しんでいます。外の景色を楽しみながら本格的なサウナを思う存分入れるので購入して本当に良かったと思います。

公式サイトより引用

youtuberとしてはラファエルさんが動画をあげておられます

(827) 大阪ミナミに買い物来たらとんでもない物買ってしまった、、【ラファエル】 – YouTube

サウーナを自宅に持つ場合との比較してみたら?

指さす様子

サウーナを自宅に持つ場合との比較してみたら?という事で銭湯型、大型温浴施設、プライベートサウナとの料金を見ていきましょう!

銭湯サウナはいくらかかる?

男湯

銭湯サウナはいくらかかる?という事で見ていくと・・・

一般的に銭湯を利用するにあたり利用料が500円~800円。

サウナは単体では使えないサービスなので入浴料がかかってしまいます。

先ほどの入浴料に加えて300円~800円とみた場合ですが安くて800円。高いと1600円になります

あくまでサウナをメインとした金額なのでタオルなどのアメニティ料金は省きますが・・・

大型温浴施設・サウナ専用施設はいくらかかる?

大型温浴施設

大型温浴施設は銭湯にくらべ、入館料金にサウナやタオル利用料金などの料金が含まれます。
手ぶらでも気軽に行けるので、友人や恋人、家族と訪れやすいですよね。

ただ、施設によって入館料にばらつきが大きいのも特徴です。

そのため1500円〜4000円と幅広くなります。

先ほどの銭湯に比べると倍になりますね!

プライベートサウナだといくらかかる?

サウナを楽しむ女性

プライベートサウナだといくらかかる?コロナ禍の影響により増加の傾向にあるプライベートサウナですが個室を貸し切りな分、料金は高めで3000円~4000円というのが相場のようです

しかも1時間あたりの料金になるので割高ですね!

金額で比較したまとめ

指さす様子

金額で比較したまとめですが自宅や庭における場所があり回数を使う事を考えると大きなものでなければサウーナの2人用のサイズのものが検討できそうです!

施設名 料金の目安  
銭湯サウナ 800円~1600円 1回あたり
大型温浴施設・サウナ専用施設 1500円〜4000円 1回あたり
ライベートサウナ 3000円~4000円

1時間あたり

サウーナ(自宅) 29万~  

サウーナだと10年使えるそうなので置き場とメンテナンス次第ではプライベートサウナを楽しむには、お得といえそうです!

気になった方は下のリンクから問い合わせも可能ですよ!

サウナ専門店【サウーナ】

サウーナを自宅に持つ場合のメリットとデメリットは?

首をかしげる女性

サウーナを自宅に持つ場合のメリットとデメリットは?

という事でメリットとデメリットも書いていきますね!

サウーナを自宅に持つメリット

丸をする女性

サウナに通う手間が省ける

好きな時に本格的なサウナを楽しめる

温度・湿度などを自分好みに設定できる

日常の中でプライベートな時間を確保できる

カスタマイズでオンリーワンサウナを作れる

サウーナを自宅に持つデメリット

バツをする女性

設置スペースが必要

初期費用が高額

メンテナンスを行わなければならない

メンテナンスと置き場という問題こそありますが自宅や庭に置けるスペースがあり10年はメンテナンス次第で使えることを考えると2人用のプライベートサウナなら29万円で始めれるのは魅力的かも

サウナ専門店【サウーナ】

コメント